病気の説明

うつ病

うつ病とはどんな病気?
 ゆううつな気分とともに、やる気が出ない、考えがまとまらないといった精神的な症状と、眠れない、たくさん寝ても疲れが取れないなどの体に現れる症状が一時的ではなく2週間以降続くと、うつ病の可能性があります。また、このことが原因で日常生活にも支障が出てしまう病気です。
 うつ病は脳内にあるセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどの心のバランスを保つ作用のある物質が減ってしまうことが関係していると言われています。
 うつ病は年々患者数が増加している病気で、誰にとっても身近な病気です。うつ病は心の弱さが原因で起こるものではありませんし、気力で治るものでもありません。医師の診察と適切な治療が必要であり、治療すればよくなる病気です。

うつ病の主な症状
 うつ病では主に下記のような症状があらわれます。

【精神面の症状】
・ゆうつな気分
・訳もなく悲しい・寂しい・むなしいといった気持ちになる
・何事も悪い方向に考えてしまう
・やる気がなくなる
・おっくうになる
・イライラしたり、集中力が続かない
・興味や関心がなくなる
・死にたいと感じる

【身体の症状】
・身体がだるい
・頭痛、頭が重い
・手足のしびれ
・性欲の減退
・肩こり
・めまい
・不眠
・便秘
・食欲がない
・身体の痛み
※身体の異常を感じて他科で診察を受けても、異常がないと言われる場合はうつ病の場合があります

当院での治療方法
 うつ病の治療でまず一番大切なのは心と体の休息です。しっかりと心と体を休めることが重要です。
 その上で内服薬による治療や、状況に応じて生活に関する指導等を行います。当院では相談しながら必要最低限の薬を処方するよう心がけています。


KMC 10.10.21, R 15.12.11-24784, R 17.12.07-42430